30万円を即日融資する方法

即日融資イメージ

30万円を即日借入できる場所はどこなの?

30万円というと一般の人にとっては「まとまった金額」という感覚ですが、銀行や消費者金融などの金融機関にとっては30万円は少額に分類されるため、30万円を借りる際にも少額借り入れとして、比較的簡単な手続きでさっと借りられる商品が多くなっています。

銀行から30万円を即日融資で借りるためには、普段利用している銀行のカードローンもしくはキャッシングをチェックしてみてください。借り入れ商品ごとに借入対象や条件が明記されているので、該当するものを選んで申し込みましょう。近年では銀行のカードローンやキャッシングでも、預貯金口座があれば主婦やパートなどでも借りられる金融商品はありますし、すでに持っているキャッシュカードを利用して借入ができるので、長期的にはとても便利に利用し易くなっています。

普段利用している銀行から即日融資可能なカードローンやキャッシングがラインナップされていない場合や、ラインナップされていても自分は借入対象外になってしまう場合などには、消費者金融のカードローンやキャッシングがおすすめです。消費者金融の場合にも、30万円は少額借り入れとなるので収入証明の提出が不要になることが多いのですが、諸費者金融は貸金業法が適用となるため、他社からの借り入れがある場合には注意が必要です。

まず、他社からの借入総額が100万円を超える場合には、総量規制に引っ掛からないことを証明するために収入証明の提出が必要となります。総量規制では、借入総額が収入の3分の1を超えてはいけないというルールが定められているので、今回の30万円の借入額を含めた金額がもしも130万円になる場合には、その3倍となる390万円の年収が必要となります。

テレビCMなどで目にする大手消費者金融だと、他3社からの借り入れがあると3社ルールに引っ掛かってしまい審査落ちの対象となってしまいます。しかしこのルールは法律によって定められているものではないので、何社から借りているのかによって大手業者の審査には通らなくても中規模や小規模の業者なら問題なく審査に通ることもあります。即日融資で30万円を借りたい場合には、あきらめずに大手の消費者金融に申し込んでみて、審査落ちなら規模を落として中堅業者に申し込めるように、あらかじめ事前リサーチをしておくことも必要です。ただし、規模が小さくなれば借りやすくなりますが、闇金から借りないようにくれぐれも注意してくださいね。貸金業登録番号を確認したり、あらかじめネットで口コミをチェックするなどの対策方法が必要です。

審査がゆるいところでお金を借りる

お金を借りるにあたって、審査がゆるい、別の言い方をすれば審査が易しい金融機関については、消費者金融があります。その中でも、業者によって審査のレベルがいろいろあります。ポイントとしては、金利が高めのところは、そのぶん審査に融通が利きます。この場合、実際に審査を通過した人の体験談などをネットで見るのもいいでしょう。ここでおすすめするのは大手消費者金融のうち、無人貸出サービスを提供しているところです。このような金融機関では、審査が易しく、例えば自営業でも、口頭での年収申告に加えて、取引先を利用しての営業確認によって、審査は通ります。

消費者金融の大手では、現在では大手銀行グループの一員となっている場合が多く見られます。ですから、消費者金融のイメージが強い一方で、分類としては、カードローンとしては銀行系になります。銀行系としたことには、信頼を得る、あるいは資金力を高めるといった意味があります。社会的なイメージアップも考慮しているでしょう。その一方で、以前ほどのゆるい審査はないですが、キャッシングサービスの中でも対応が良く、審査も融通が利くという点はしっかりしています。かつては、消費者金融というと、免許証と印鑑があればお金を借りられました。

キャッシングサービスを利用する際には、審査の段階で必要書類がいくつか必要です。免許証に加えて、収入証明があればベストですが、審査の対応が柔軟なところでは、年収申告と在籍確認ができれば、その場ですぐに審査は通ります。審査がゆるいことはもちろん、審査の際に柔軟な対応をしてくれる消費者金融がオススメです。

派遣社員でもお金を借りることはできる

働き方を自分でデザインできる新しい雇用形態として、派遣社員は人気がありました。

アルバイトよりも時給が良いので若いうちや目標がある場合には好都合なのですが、同じ業種で長期間働くことができないという規制があります。

社会保険や雇用保険に加入できる場合もありますが、ボーナスがありませんので結果的にあまり収入が良い働き方ではないのです。

このような派遣社員でもお金を借りることはできます。消費者金融やキッャシングローンの利用には条件があります。基本的には定収入があることです。

派遣社員は労働機関の規制は3年程度とされていますが、キャッシング会社が見なす定収入は継続して6カ月働いていれば条件を満たして派遣社員でもお金を借りることができるのです。

銀行系のキャッシングローンなら総量規制が適用されませんので、まとまった金額を派遣社員でも借りることはできます。急いでいる場合にも審査のスピードが速いので利用しやすいという特徴もあります。

お金を借りることは簡単ですが、返済時には金利が付加されます。収入と支出の計画を立てて、返済が滞らないようにすることが大切です。

簡単に借りることができてしまうと、それが生活のサイクルになってしまう人もいます。

そうなると自転車操業となり、借金を返すためにキャッシングをする生活になってしまう危険性も潜んでいますので、お金を借りるときには最低限の額にするということも大切なポイントとなっています。

親にバレずにお金を借りる

親にバレずにお金を借りることはできます。クレジットカードを作って、そのキャッシング機能を使えば、親にばれずにお金を借りることが可能です。

ただし一定の収入があることが条件になります。アルバイトでも構いません。年齢も重要な要素です。

20歳未満の方の場合はご両親の承諾がないとカードを作らないことがあります。親にばれないようにするにはインターネットを使えばよいでしょう。ほとんどの会社がネットから申し込めるようになっています。

お金を借りると言っても無制限に借りれるわけではありません。50万円以上の借入をするときは収入証明書の提出があります。これは消費者金融系や信販系の会社の場合です。銀行系のカードなら年収証明書を提出しないで、借りることができる場合があります。

それから本人確認の書類を提出しなければなりません。免許証や健康保険証、パスポートなどが使えます。ネットを使った申し込みが完了したら、指定の口座にお金が振り込まれます。

借入の申込をした後は後日カードが自宅に送られてきます。そのカードは受け取らなければなりません。

カードを受け取るときに親にばれる可能性はありますが、自分で受け取れば問題はないでしょう。親にばれないでカードを作り、お金を借りても返済はきちんとしなければなりません。

決められた日に借りたお金を返せなかったら、カードの会社から催促の郵便が送られてきます。それを見られたら、ばれないでお金を借りることができても後で親に分かってしまうことになります。

©Copyright 2016 30万円を即日融資する方法 All right reserved.